このエントリーをはてなブックマークに追加 Deliciousにブックマーク twitterに投稿する

質問:
太陽光励起レーザー発生装置は、本当にランニングコストがかからないのでしょうか?
太陽光自動追尾システムを動かすためのエネルギーや、(特に砂漠では)レンズの清掃コストはどうなるのでしょう?

回答:
自動追尾装置のエネルギーはワットのオーダーで、ほとんどないに等しく、太陽電池の小さいのがあれば十分稼働させることができます。
清掃方法ですが、下手に水洗いするとこびりつくので、空気を数日に1回吹きかけます。砂漠ではこれで十分です。装置は自動ですが、それのコストも無視できます。当然、この装置も太陽電池で動かします。
問題は、砂による傷が表面にできることですが、それも解決済みです。これについては、重要な特許ですのでお話できません。実際に中東へ行ってみればわかりますが、ホテルの窓ガラスは全然傷ついていません。今は、大サービスでここまでしか言えません。
(矢部孝)

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Comments links could be nofollow free.